とどめの女子大生日記

Twitter @offshoulicial

お釈迦様、血の池に蜘蛛の糸を垂らしてください。

部屋にまあまあな大きさの蜘蛛が出た。

あんな大きさの蜘蛛初めてみた。

手足がすごく長くて、ぜーんぶバラバラに動いていることがわかった。

蜘蛛は殺したらいけないと何かで聞いたことがあるが、申し訳ないが同居はできない。

家賃を払っているのは私の両親なので、不法侵入者として、死刑。

 

殺虫剤を出して来て、スプレーを吹きかけるが、すごい速さでどこかへいってしまった。

カーテンの中に入っていったような気がするが、カーテンをめくった途端私に飛びついて来たりしたら、パニックだ。

しばらく息を潜めて蜘蛛が出て来るのを待った。

蜘蛛、窓の上の方に堂々の登場。

こうなると、どっちが住民かわからなくなってくる。腹がたつ。

しかも、殺虫剤を吹きかけると、窓の上の方を右へ左へ動き回り、蜘蛛よりも私の方が多く殺虫剤を浴びている。

蜘蛛が死ぬのが先か、私が死ぬのが先か。

 

ここで私はふと、

『この蜘蛛、死んだらどうなるんだろう』

ということが頭に浮かんだ。

天国に行くとか地獄に堕ちるとかそういうことじゃなくて、シンプルに私の部屋の床に落ちることになる。

え、ほんで?

死んだ蜘蛛を、私がティッシュで摘んで捨てる……?

無理。

こんな大きい蜘蛛、ティッシュ越しでも無理。

 

一人暮らし、特に困ったことはなかったが、最大のピンチだ。

今までは家族が殺すのを側から見守っていた。

まさか自分が虫を殺すことになるとは考えてなかった。

同居人がいれば、私が殺すことになろうとも、キャーキャーと盛り上がったり、殺虫剤を撒く担当と窓を開けて追い出す担当のように、協力して退治することができる。

1人で蜘蛛と対峙しているという事実が耐えきれない。

私は巷でよく聞くゴキブリも見たことがない。

蜘蛛でこんなに怯えているのに、飛ぶ、走る、ゴキブリだとどうなるのだろうか。

 

なんとかタイミングをみて窓を開けて、蜘蛛を追い出すことができた。

殺虫剤で蜘蛛も私も死ぬことはなかった。

これで今夜も安眠。

布団に入って気づいたが、歯が痛い。

気づかないうちに奥歯を噛み締めていたのだ。

蜘蛛に対する敵対心から奥歯を噛み締めていたのか、一人暮らしの寂しさを噛み締めていたのか。