とどめの女子大生日記

Twitter @offshoulicial

ポジティヴイメージ

ポジティヴになりたい。

私は天性のネガティヴだ。

 

どれぐらいネガティヴかというと、小学四年生の時にクラスで一番モテていた男のから言われた傷ついた言葉を定期的に思い出しては傷つき直すレベルだ。 

 

傷つくことがなかった、とってもいい1日だった、という日も、このように、バックナンバーを引っ張り出してきては傷つく。

そして、傷ついたことに対して、私の言動に問題があったと、なんども反省を繰り返す。

 

反省するからと言って、日々の暮らしに生かされるわけでもなく、また自分の言動で起こった問題に対する他人の反応で傷つく。

 

ポジティヴだと、簡単に解決して、簡単に自分を成長させて、簡単に忘れてしまっただろう。

人生イージーモードだ。

 

また、私は、本名が「陽子」と同系統なイメージの、ポジティヴが連想される名前である。

ネガティヴな私はどう考えても名前負けしている。

 

いろいろ言った方が、なによりもポジティヴな女子はかわいい。

明るいし、喋りやすい。

例によって名前負けしている私は、初対面の人からは勝手にポジティヴなイメージを持たれているので、皆様のご期待にお応えできるように、ポジティヴ女子を演じている。

仮面ポジティヴは相手ににバレていると思う。

ネガティヴだからそう思う。