とどめの女子大生日記

Twitter @offshoulicial

ハイセンスコールセンター

f:id:offshoul-official:20170810001922j:image

この写真、洗濯機の表示説明なのだが、よく見て欲しい。

他の表示はエラーの原因とそのエラーが出た時に利用者が確認すべきことが記されているのに、E5〜E8はエラーの原因も利用者が確認すべきことが伏せてある。つまり、為すすべがないということだ。不吉。

 

さらに、解除方法を見ると、E5〜E8は、『ハイセンスコールセンターにご連絡ください。』となっている。理由も知らされず、為すすべもなく、ハイセンスコールセンターに連絡。不吉。

 

ハイセンスコールセンターというワードが不吉。

後ろ歩きで帰ろう

帰省の日が近づいている。

本当は一昨日帰る予定だったのだけど、予定が入ってしまって明後日帰省する。

帰省の日が5日も伸びたということで、寂しがりな母はもちろん、今まで一度も寂しがっている素ぶりなんてみせたことない父も寂しがっているらしい。

 

前回帰省したのはゴールデンウィークだった。

私の歯ブラシもシャンプーも衣類も靴も化粧品も、もう何もかも実家にはないので、大荷物だった。

しかもキャリーケースを持っていないので、大きな鞄に入れて4時間かけて帰省する。

 

しかも、食卓にはご馳走が上がり、あれやこれや聞かれ、お客のようにもてなされ、落ち着かない。私がいた時とは何もかも違う家に帰るという摩訶不思議。

 

下宿にいても特にやることがないが、実家に帰っても特にやることがない。

 

なんとなく、帰省に後ろ向きな気持ちでいる。

単純

生まれて初めて、オールなるものをしている。

オールナイトで起きているからオールと言うらしい。

ふつうなら友達と一晩映画を観明かしたり、カラオケで歌ったりご飯を食べたりするらしいのだが、一人自室でオールに挑んでいる。

挑んでいると言うより、なんだかんだしていたらこの時間だし、別に眠たくないので起きている。

 

昨日は7時に起きて朝食を食べ、家事を済ませ、9時ごろから二度寝をして起きたら14時だった。一昨日は24時になる前に寝ているので12時間寝ている。いつも4時間ぐらいしか寝てないので、単純に考えると3日分の睡眠をとっている。

 

単純に考えると明日も寝なくてもいける。

 

スパイシーなつかしー

窓開けて、扇風機と換気扇で部屋に風を演出して、コショウの詰め替えをした。
詰め替え失敗して、部屋中コショウだらけ。
こぼした瞬間、砂埃が舞うグラウンドみたいだった。

グラウンドに縁がない大学生活なので、懐かしかった。

青春を感じた。

なんつーか 夏

昨日の14時25分から夏休みが始まっている。

 

小中高は、夏休みの一週間ぐらい前から半ドンになり、持ち帰る荷物が増え、最後に夏休みの課題が配布される。夏休みの準備をしている感じがすごく好きだった。

 

大学は、レポートとテストに追われる怒涛の7月を乗り越え、気づいたら夏休みが来ていた。夏休みの準備なんかしている場合ではなかった。

準備もしてないのに勝手に来た感じがすごい。

正直、部屋が散らかってるのに他人が家に来るぐらい迷惑。

しかも今年の夏休みは、準備もしてないのに忙しいことだけ決まっている。

我が家でホームパーティを開催するのに部屋を片付ける時間がない感じ。

なるほど、ホームパーティなんかするパーリーピーポーではない分、いい経験ができた。

 

よく考えたらまだ、ネット提出のレポートとテストが残っている。

人生の夏休みと言われる大学で、私は夏休みをなかなか迎えられない。

 

お釈迦様、血の池に蜘蛛の糸を垂らしてください。

部屋にまあまあな大きさの蜘蛛が出た。

あんな大きさの蜘蛛初めてみた。

手足がすごく長くて、ぜーんぶバラバラに動いていることがわかった。

蜘蛛は殺したらいけないと何かで聞いたことがあるが、申し訳ないが同居はできない。

家賃を払っているのは私の両親なので、不法侵入者として、死刑。

 

殺虫剤を出して来て、スプレーを吹きかけるが、すごい速さでどこかへいってしまった。

カーテンの中に入っていったような気がするが、カーテンをめくった途端私に飛びついて来たりしたら、パニックだ。

しばらく息を潜めて蜘蛛が出て来るのを待った。

蜘蛛、窓の上の方に堂々の登場。

こうなると、どっちが住民かわからなくなってくる。腹がたつ。

しかも、殺虫剤を吹きかけると、窓の上の方を右へ左へ動き回り、蜘蛛よりも私の方が多く殺虫剤を浴びている。

蜘蛛が死ぬのが先か、私が死ぬのが先か。

 

ここで私はふと、

『この蜘蛛、死んだらどうなるんだろう』

ということが頭に浮かんだ。

天国に行くとか地獄に堕ちるとかそういうことじゃなくて、シンプルに私の部屋の床に落ちることになる。

え、ほんで?

死んだ蜘蛛を、私がティッシュで摘んで捨てる……?

無理。

こんな大きい蜘蛛、ティッシュ越しでも無理。

 

一人暮らし、特に困ったことはなかったが、最大のピンチだ。

今までは家族が殺すのを側から見守っていた。

まさか自分が虫を殺すことになるとは考えてなかった。

同居人がいれば、私が殺すことになろうとも、キャーキャーと盛り上がったり、殺虫剤を撒く担当と窓を開けて追い出す担当のように、協力して退治することができる。

1人で蜘蛛と対峙しているという事実が耐えきれない。

私は巷でよく聞くゴキブリも見たことがない。

蜘蛛でこんなに怯えているのに、飛ぶ、走る、ゴキブリだとどうなるのだろうか。

 

なんとかタイミングをみて窓を開けて、蜘蛛を追い出すことができた。

殺虫剤で蜘蛛も私も死ぬことはなかった。

これで今夜も安眠。

布団に入って気づいたが、歯が痛い。

気づかないうちに奥歯を噛み締めていたのだ。

蜘蛛に対する敵対心から奥歯を噛み締めていたのか、一人暮らしの寂しさを噛み締めていたのか。

 

 

母の掌で踊らされる

母から荷物が届いた

f:id:offshoul-official:20170624173216j:image

f:id:offshoul-official:20170624173220j:image

これらとお米だった。

 

上の食べ物類は、誰も私の好むものと生活で必要だなと思っていたものだ。

しかも、それぞれ売っているスーパーが限られており、地域のスーパーを巡って買ってくれたことが伺える。

 

下のバッグはなんかよくわからない。

一人暮らしで自由を謳歌する私への何かしらのメッセージだろうか。

しかし、よくよく考えてみると、最近どこかでこのイラストを見たことある気がする。この既視感はなんだろう。

 

 

f:id:offshoul-official:20170624173911j:image

 

ショートメールの100文字以内という制限で、バッグについては触れることもなく。

I'm freeも、イラストに対する既視感も非常に気になる。

さらに、母の精一杯らしいところが気になりを増加させる。

4月から独り暮らしを始めて、初めて私から連絡をしてみようかなと思った。